SG 会田 アンダースロー: 日本株を含めた株式市場への強気姿勢は維持

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
シンカー:SGマルチ・アセット・ポートフォリオ(MAP)では四半期ごとにマクロの経済・マーケット見通しを考慮したグローバルかつクロス・アセットのアセットアロケーションを推奨している。先日公表した最新のMAPでは、2021 年 1Q まで市場は引き続き3 つの主要テーマに牽引される可能性が高いと判断している。財政政策主導による景気刺激を通じた経済復興の推進; 早期の引き締めはしないという各国政府の明確なコミットメント、中央銀行による新発国債 および社債購入を通じた大規模なマネタイゼーションを考慮したアセット・アロケーションが必要と判断している。ただ、その後のV字回復モメンタムの鈍化局面への備えを考える必要があるだろう。引き続き、リスク資産へ対して強気姿勢を維持する中、景気回復や政策効果によるインフレ期待の上昇に対するヘッジの強化やグロースというテーマへの過度な集中を修正する必要があると判断した。 (画像=PIXTA)SGマルチ・アセット・ポートフォリオ(MAP)では四半期ごとにマクロの経済・マーケット見通しを考慮したグローバルかつクロス・アセットのアセットアロケーションを推奨している。現在のグローバルな市場の動きは2021年前半まで続くだろう。米国株への過度な集中化の修正やV字型景気回復のモメンタムが鈍化した局面に対しての備えを考え始める必要があると判断した。日本株に関しては、引き

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました