30分以内に商品が届くデジタルコンビニ「QuickGet」正式リリース! 資金調達も

IT総合
株式会社レキピオは、注文から30分以内に商品が届くデジタルコンビニ「QuickGet」のβ版を2019年11月にリリース。そして本日9月16日より同サービスを正式リリースすると発表した。
また、株式会社UB Venturesらより総額1.7億円の資金調達を実施し、事業拡大に向けた人材採用を活発化していく構えだ。
1エリアでの累計流通額が数千万円突破
「QuickGet」は、高級スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで売られている商品1,000点以上を常時ラインナップし、注文から30分以内に届けるというサービスだ。
なお、取扱のない商品でもアプリ内でリクエストすると、スピーディに対応してくれるという。
取り扱う商品は食品や酒類、日用品まで幅広く、それらを六本木にある自社倉庫で管理することで小売店と同等価格での販売を実現している。豊富な品揃えや納得の価格にくわえスピーディーな配達という要素を武器にβ版を公開し、東京都港区と渋谷区の一部エリアでの展開に乗りだしたのだ。
結果、六本木エリアのみでもアプリ内累計流通額が数千万円を突破。ひと月に数十万円使ったり、コンビニに行かなくなったりするヘビーユーザーまで登場したとか。飲食店のデリバリーのように食品などに限定されていないデリバリーサービスとして急成長しているようだ。
また同サービスでは、実店舗のPOSシステムと違い個人情報と購入データを紐づ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました