来春「スマートバス停」運用開始! 熊本駅前に9カ所導入決定!

IT総合
株式会社YE DIGITALと西鉄エム・テック株式会社が共同開発した「スマートバス停」は、2021年4月より熊本駅白川口駅前広場9か所にて本格運用することが決定した。
同バス停を運用することで、利用者の利便性向上とバス停の維持管理費捻出、公共交通ネットワークの発展に貢献し、「スマートバス停」の社会実装を進めていくようだ。
手間やコストを削減可能
同バス停は、省電力技術を駆使し、電源環境がないことで電子化がすすまなかったバス停をスマート化した次世代のバス停。
導入予定の9ヶ所のうちバス乗降場7か所における運用は、熊本県内のバス事業者5社(熊本都市バス株式会社、九州産交バス株式会社、産交バス株式会社、熊本電気鉄道株式会社、株式会社熊本バス)が担い、熊本駅前電停2か所の運用は熊本市交通局が担う予定。
同バス停は、スマートバス停クラウド「MMsmartBusStop」によって時刻表の作成・配信が可能となるため、これまでのような時刻表の運用・管理の手間やコストを削減できる。なお、時刻表を多言語表示することでインバウンドにも対応していく。また、本体の電池残量やセンサの稼働状況などを見える化し、管理における業務効率化も図れるとのこと。
新たな収入源としての役割も
国土交通省の屋外広告物条例ガイドライン改正に伴い「熊本市屋外広告物条例」も改正。屋外広告物禁止地域内のデジタルサイネージであっても、時

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました