【ds hands on!】パナソニック NR-F606WPX

ガジェット総合
業務用レベルの急速冷凍技術を活用
食材を使い勝手の良い状態で長期間保存できる
幅685mmで、庫内総容量600Lの冷蔵庫。業務用レベルの急速冷凍機能を搭載し、食材をしばらく冷ましたり、冷凍できるクーリングアシストルームを備える。また、冷蔵室には「パーシャル/チルド切替室」を備え、より低い温度で長期間食材が保存できる仕組み。Wi-Fi機能も搭載しスマートフォンアプリから設定や利用状態の確認ができる。
冷蔵庫
パナソニック
NR-F606WPX
実勢価格:41万円
「はやうま冷凍」で野菜も料理も急速冷凍
クーリングアシスト
冷蔵室内の左側面にある操作パネルで「クーリングアシストルーム」の動作や強度設定ができる。「クーリングアシスト」ボタンを複数回押すことで動作時間やモードが切り替えられる。
冷ます
お弁当などの粗熱取りができる「冷ます」モード。従来モデルでは5分かかっていたお弁当の粗熱取りは、3分へと短縮された。
急冷
食材を調味料に漬けて密閉袋に入れ、「急冷」モードで15分間、クーリングアシストルームに入れることで、短時間で食材に味を浸透させられる。
急凍
食材を素早く凍らせることで、細胞破壊を防ぎおいしさをキープできる「急凍」モード。唐揚げの表面のサクサク感をキープしたり、葉物野菜などをパラパラな状態で冷凍できる。
−3℃の微凍結パーシャルで新鮮に保存
一週間新鮮に保存で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました