ジンコソーラー、ベトナムTrung Namグループに611MWのTiger両面発電モジュールを供給

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年9月14日、ジンコソーラーはベトナムトルンナムグループ(Trung Nam Group)に611MWのTiger透明バックシートタイプ両面発電モジュールを提供し、トルンナムグループ(Trung Nam Group)の太陽光発電プロジェクトに設置すると発表した。このプロジェクトは、ベトナムと東南アジアにおける今までの両面発電モジュールを応用された最大プロジェクトの一つである。プロジェクトで使用されているTigerシリーズモジュールはハーフセル技術を採用されたほかには、タイリングリボン(TR)技術も採用され、セル間のギャップをなくすことによりモジュール変換効率が向上された。Tiger両面透明背板モジュールは、通常の片面モジュールより超高効率を実現し、 LCOEを下げた 。それ以外、166 mmセルのモジュールより、163 mmセルのTigerシリーズモジュールの効率は20 W~25 W高く、BOSコスト削減を実現した。ほかには、163 mmセルで、土地利用規制のプロジェクトにも適合できる。重量の面では、Tigerシリーズモジュールは片面モジュールと同じで、更により軽い、それより人件費と物流コストの大幅削減が可能になる。トルンナムグループ(Trung Nam Group)会長のNgyen Tam Tienは、「ベトナム初の大型再生可能エネルギープロジェクトの開発者の一つとして、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました