入魂の作品やイベント集う、「XRクリエイティブアワード 2020」授賞式レポート

VR
一般社団法人XRコンソーシアム(XRC)が主催するVR/AR/MR作品コンテスト、「XRクリエイティブアワード 2020」の授賞式が2020年8月27日に行われました。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、作品応募から審査、そして授賞式まですべてオンライン化。授賞式はソーシャルVR「VRChat」内のワールドでの開催となりました。
(昨年までの「VRクリエイティブアワード」から名称変更)
最優秀賞を含めた5作品が受賞
XRCはVR/AR業界を牽引する作品やクリエイターを発掘し、認知向上や活動支援を目的としたイベント。2020年のテーマは「unlock limits」で、86作品の応募がありました。審査員にはXRC代表理事である藤井直敬氏や、落合陽一氏(筑波大学准教授)、近藤“GOROman”義仁氏(エクシヴィ代表取締役社長)らのほか、今年はVRアーティスト・せきぐちあいみ氏も名を連ねています。
(授賞式の1シーン。トロフィーの授与のほか、プレゼンターとの記念撮影も行われた)
授賞式ではファイナリスト進出10作品の中から計5作品が選出。最優秀賞は株式会社HIKKYの「バーチャルマーケット」が受賞しました。その他、全受賞作品は以下のとおりです。
最優秀賞「バーチャルマーケット」
VRChat内の会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを自由に試着・鑑賞・購入できる、VR空間上の展

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました