ボランティアや寄付をすると幸せになれる?代表的なボランティア活動5選

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
執筆者:株式会社ZUU※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。社会貢献活動に関するニュースを目にする機会が多くなっています。近年、日本各地で起こった自然災害へのボランティア活動が注目されるようになり、2020年には新型コロナウイルス感染拡大のなか、世界中の企業や著名人などが次々と寄付を公表するなど、社会貢献活動の動きが世界中で起こっています。一説によるとボランティアや寄付をしている人は、困っている人を助けているのと同時に自分の幸福度も上がっているのだとか……これはいったいどういうことなのでしょう?今回はボランティアや寄付などの社会貢献活動をするとなぜ幸福度が上がるのか考察し、代表的なボランティア活動を5つご紹介します。社会貢献活動をすると幸福度が上がる? (画像=sonja-calovini/stock.adobe.com)「他人のためにお金や時間を使うことで人間の幸福度がアップする」と言われています。2008年3月21日の米科学誌サイエンス内でカナダのブリティッシュコロンビア大学のある研究が発表されました。その研究結果によると「他人や社会のためにお金を使うことで幸せを得ることができる」ということが分かったのです。一方でニューヨーク州立大学教授かつ予防医学の専門家であるスティーブン・ポストの研究によると「他人を助けることで自分が助けられる」という

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました