個人事業主・自営業・フリーランスが利用できるiDeCoなどの年金制度比較

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
会社員として働いている方とは異なり、個人事業主・自営業・フリーランスといった方は、退職金制度もありませんので、老後に向けた積み立てなども、すべてご自身で考えながら準備していく必要があります。今回は、個人事業主・自営業・フリーランスなどの国民年金第1号被保険者の方が利用できる年金制度やその活用方法についてご紹介していきます。個人事業主のための年金制度 (画像=arthon/stock.adobe.com)個人事業主の方(国民年金の分類で第1号被保険者に該当する方)が老後資金を準備していくために利用できる退職金・年金制度として代表的なものとしては、次の4つがあります。国民年金付加年金国民年金基金iDeCo(個人型確定拠出年金)小規模企業共済これら4つの制度の特徴を簡単にまとめると次の表のようになります。 (画像=auアセットマネジメント)国民年金付加年金国民年金付加年金は、国民年金保険料16,540円(月額、令和2年度額)に加えて、毎月400円を付加保険料として納めていくと、老齢基礎年金を受給する時に、200円 × 付加保険料納付月数を上乗せして受給できるという制度です。例えば、30歳から60歳まで加入し付加保険料を毎月400円、合計360ヶ月納付した場合、納付した保険料合計は、400円 × 360ヶ月=144,000円となります。一方、受給する時は、年額200円 × 360ヶ月=

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました