本格派ハイレゾプレーヤーの新ブランドKontinumが日本上陸、K100を発売

IT総合
ホワイトストーン・ジャパンは9月14日、韓国のKontinumが開発したハイレゾプレーヤー「K100」の取り扱いを開始すると発表した。Kontinumは、Astell&Kernを手掛ける韓国アイリバーの元CEO、ジェームズ・リー氏が独立して立ち上げた会社で、K100はその第1弾製品となる。オーディオプレイヤー にとって重要な「電源」から発想し、新次元の音楽体験を提案する製品としている。
Source: 週刊アスキー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました