そろそろ大地震が来るかもしれない? とりあえず大容量のポータブル電源を購入しよう

ガジェット総合
東日本大震災から9年が経過しました。南海トラフ地震・首都直下型地震が来る、富士山が噴火するといったネットの噂や週刊誌記事が定期的に巡ってきます。もはや“来る来る詐欺”にも思えてきますが、災害への備えが大事なことには違いありません。とくに近年は、大雨や台風での停電も多く、我々の生活も電気への依存度が高まっていますので、非常用電源の確保はマストでしょう。そこで、ここ数年で一気に認知度を高めてきたポータブル電源の選び方をご紹介しましょう。
一口にポータブル電源といってもサイズはいろいろ。
アウトドアと防災の比率は6:4
ポータブル電源とは、文字通り、持ち運びが可能なバッテリーで、USBポートやACコンセントを備え、スマホなどのガジェットや家電製品をアウトドアでも使えるようにする機器です。停電時の非常用電源にもなるので、災害時の備えとしても注目されています。
2015年に世界初のリチウムポータブル電源を開発したのはJackery社。その日本法人(Jackery Japan)でマーケティングを担当する平松孝太さんに、用途について聞きました。
「もともとはアウトドアユーザーをターゲットとして展開しているのですが、日本はやはり地震など災害大国であるので、防災目的で買われる方が多い。大雨が降った翌日などが売り上げが上がります。とはいえ、用途としてはアウトドアが多く、比率としては6対4ぐらいです」

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました