「8つ目赤外線センサー」で仕上がり温度も設定できる! 東芝初・単機能レンジのフラッグシップモデル

ガジェット総合
東芝ライフスタイルは、近年需要が高まっている単機能レンジにおける同社初のフラッグシップモデル「ER-VS23」を10月中旬より発売します。実売予想価格は4万3780円です。
↑ER-VS23のカラバリはブラック(左)とホワイト(右)を用意。外形サイズはW468×D386×H337mm
 
赤外線センサーで表面温度を高精度に検知し、スピーディに温める
↑ER-VS23の設置イメージ
 
その特徴は、間口38.7cmと広くて使いやすい、23Lのワイド&フラット庫内。食品の出し入れが楽なワイドでフラットな庫内なので、大きなお皿や二人分の料理も一度に入ります。
 
1000Wインバーター搭載で、スピーディに温められる点も魅力。1000Wは自動あたため以外にも、手動でも使用できます。その他、お弁当や総菜などに便利な600W・500W、解凍に便利な200Wまで、用途に合わせて設定できます。
↑間口は38.7cmで食品のだし入れがラク
 
このほか、食品の表面温度を高精度に検知する「8つ目赤外線センサー」を搭載。庫内に配置している8つ目赤外線センサーが、食材の表面温度を高精度に測るので、解凍では重さの設定が不要。自動あたためもワンタッチ操作で簡単です。また、「お好み温度」では、-10℃から85℃まで仕上がり温度をお好みに設定できます。
↑8つ目赤外線センサ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました