クラウド型ビル運用ツールキット開発のVerkadaが新型コロナ対策で環境センサーを追加

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルスの感染蔓延が深まるにつれ、多くの建物が空っぽになったり、収容能力が制限されたりしている。このような時に、建物の状態を可視化することで、ビルの運営に安心感を与えることができる。米国時間9月15日、クラウドを介してビルの運営管理を支援するスタートアップのVerkada(バーカダ)は、顧客にビルの状況をより深く理解してもらうための新しい環境センサーのセットを発表した。同社はこれまでにも
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました