「自分だったら怖くて打ちたくない」国産ワクチン開発に挑む研究者の“意外な本音”――文藝春秋特選記事

2017-08-24_00h03_35 IT総合
「文藝春秋」10月号の特選記事を公開します。(初公開:2020年9月19日)
 新型コロナウイルス収束の切り札だと期待されるワクチンだが、ここに来て一気に現実味を帯びてきた。
 一時中断した英アストラゼネカ社の治験も日本でも早々に再開される見通しで、米ファイザー社は年内実用化の公算大だと語っている。日本政府はこの両社からそれぞれ1.2億回分の供給を受けるという基本合意をした。
COVID-19
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました