ペンシルベニア州立大はAIで火山を監視する!

2017-08-24_00h03_35 IT総合
レーダー衛星は、リモートセンシングにより地表面の動きを、ほぼリアルタイムで検出できる。観測データは火山活動や地震の予測に役立つものだが、現時点では大気が邪魔して誤差が大きいようだ。
こうしたことから、ペンシルバニア州立大学の研究チームは、AIを用いて観測データのノイズを除去する手法を開発した。
同手法は、ハワイのマウナロアのような火山の監視に役立つ可能性がある。
低コストで安全、広範囲にデータが収
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました