「遠隔医療」が急拡大し診療の質に懸念も

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)終息のめどが立たない中、世界各国で医療提供の新たな手段として急速に広がったのが、テレメディシン(遠隔医療)です。ただ、電話やビデオ通話による診察だけでは、健康障害の兆候を見逃してしまう可能性も否定できないことを示唆する報告が、「JAMA Network Open」10月2日オンライン版に発表されました。
 
対面診療は前年から50%も減少
米ジョンズ・ホ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました