コロナ禍で相次ぐ経営破綻 企業が生き残るために必要な3つの戦略

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
新型コロナウイルスの収束はいまだ見えず、経営難で倒産する企業が相次ぐ状況が続いている。このような厳しい時代に企業が生き残るためには、経営者はどのような視点を持つべきだろうか。生き残りのために考えておくべきこととは?現在の企業の倒産状況 (画像=alphaspirit/stock.adobe.com)民間調査会社の東京商工リサーチの発表によると、9月14日時点での新型コロナウイルス関連の経営破綻件数は、負債額が1,000万円以上の企業においてすでに478件に上っている。1ヵ月ごとの件数の推移をみてみると、6月が過去最多の103件、7月が80件、8月が67件と減少傾向だったが、9月は14日時点ですでに37件確認されていることから、倒産の勢いが再び強まっている状況だ。息切れ破綻が相次ぐ恐れ内部留保などを運転資金に当てたり新たに資金調達をしたり、国の助成金や給付金などを活用したりして、何とかコロナ禍を乗り切ろうと悪戦苦闘している企業が多いものの、「息切れ破綻」する企業が増えていると東京商工リサーチは分析している。ちなみに、東京商工リサーチがカウントしている経営破綻件数は、負債額が1,000万円以上の法的整理・私的整理を対象に集計されているため、実際にはさらに多くのコロナ倒産が起きていることは容易に予想がつく。コロナ禍を企業はどう乗り切っていくべきかでは、このような状況を企業はどう乗り切っ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました