老後は「海外旅行」or「海外移住」あなたはどっち派?費用面と満足度から考える

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
旅行好きだけれど、多忙で海外に行けないというビジネスパーソンも多いはず。一方、リタイア後なら時間が十分にあるため、最近は思い切って海外移住をする人も増えています。費用面と満足度から「海外旅行」と「海外移住」を考えます。あなたならどちらを選ぶでしょうか。費用面:1日当たりのコストで考えると……? (画像=satsuki2020/stock.adobe.com)「海外旅行」と「海外移住」を比べた場合、1日当たりの費用を考えると海外旅行のほうが割高です。例えば航空券。1週間のための1往復と1年間のための1往復というように比べると明白で、長期滞在する海外移住のほうがコストパフォーマンスは良くなります。海外旅行で泊まるホテルと海外移住で暮らす住居を比較すれば、一般的にはホテルに泊まるほうが1日当たりのコストは高くなるでしょう。ただし、海外移住をしながら日本の住居も維持する場合には、衣食住の「住」に関する1日当たりの合計コストはかさむことになります。また海外移住の場合、物価が日本より安い国で暮らせば生活費はより安く済むでしょう。こうした理由からも、物価が安い東南アジアの国に移住する人は増加傾向です。特にタイ、マレーシア、ベトナムなどは近年在留邦人が大きく増えています。外務省による「海外在留邦人数調査統計」2017年調査では、海外在住の60歳以上の日本人は全体で18万人以上にのぼり、増加の傾向

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました