YouTubeがQAnonなどの陰謀論を流布する動画を禁止

2017-08-24_00h03_35 IT総合
YouTube(ユーチューブ)は10月15日、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)などのソーシャルメディアプラットフォームと同様に、QAnon(Qアノン)などによる陰謀論(The New York Times記事)の流布を禁止するより直接的な行動に出た。
同社は声明で「現実世界における暴力を正当化する陰謀論を個人またはグループ向けに流す」動画を禁止するため、ヘイトおよびハラスメントのポリシーを拡大すると発表した。
YouTubeが特に対象とするのは、QAnonの支持者が流布する偽りの陰謀論に自らも加担していると主張し、誰かに嫌がらせや脅迫を加える動画だ。
YouTubeは、風変わりな陰謀論を助長する動画や記事を全面的に禁止する動きに関して他の主要なソーシャルメディアほどの措置を講じていない。YouTubeの措置は個人をターゲットにしているコンテンツに限定している。
「例によって文脈が重要となります。従い、そうした問題を扱うニュースやコンテンツが個人や『保護されたグループ』をターゲットとしていない限り特段の措置は講じません」と同社は声明で述べた。「当社は本日この新しいポリシーを施行し、さらに今後数週間でポリシーを強化していきます」。
これは、現実世界において暴力やテロとのつながりがますます深くなる偽情報や陰謀論の拡散に対抗するソーシャルメディアプラットフォ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました