酒税法改正でビールは売れた? 新ジャンルは?

ガジェット総合
リサーチ・アンド・イノベーションは、酒税法改正が施行した「10月1日前後の買い物データ」を調査しました。
 
税金が下がったビールは、酒税法改正直前の1週間だけ値下がりを見越した買い控えが起きました。改正後の購入本数は元の水準近くには戻りましたが、上回るまでは伸びていません。一方で、税金が上がった新ジャンルには駆け込み購入が見られ、改正後の1週間は買い控えが続いています
 
10月1日から酒税法改正が施行しました。ビール系飲料では、ビールの税金が引き下げられ、発泡酒は変わらず。新ジャンルは引き上げられています。日本酒などの清酒は引き下げられ、ワインなどの果実酒は引き上げられました。具体的に350mlあたりの税金では、ビールが77円から70円に下がり、発泡酒は46.99円のまま。新ジャンルは28円から37.8円と上がっています。清酒は42円から38.5円に下がりました。果実酒は28円から31.5円に上がっています。
 
出典画像:プレスリリースより
税金が引き下げられたビールは、直前の1週間だけ値下がりを見越した買い控えが起きました。酒税法改正後の購入本数は元の水準近くには戻りましたが、上回るまでは伸びていません。
 
逆に、税金が引き上げられた新ジャンルには駆け込み購入が見られ、改正後の1週間は買い控えが続いています。新ジャンルほどではないで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました