スタンフォード大、ソーラーパネルの技術を超高解像度VRディスプレイに応用!

2017-08-24_00h03_35 IT総合
スタンフォード大学の研究者らは、薄型ソーラーパネルの設計を応用して、テレビ、スマートフォン、VRデバイスのディスプレイを超解像度にできる技術を開発した。
同技術では、最大1万ppiを超える解像度が実現可能となっている。最新スマホの解像度が800ppi程度と考えるといかに革新的かが理解できるだろう。
目に近接したVRデバイスのディスプレイで、とりわけ効力を発揮しそうな同技術は、既存のOLED技術を置
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました