出産時の入院費に医療保険は使える?知らないと損するお金の話

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
執筆者:株式会社 ZUU※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途 HP等でご確認ください。 (画像=buritora/stock.adobe.com)妊娠が分かって、生まれてくる子との生活を楽しみにしている人も多いでしょう。しかし、安心して出産するためにお金のこともしっかりと確認しておきたいものです。出産に健康保険や医療保険は使えるのでしょうか。この記事では、知っているか否かで大きな差がつく、出産にまつわる費用を解説します。出産にかかる費用は施設・地域によって大きな差 (画像=monet/stock.adobe.com)病気やケガをしたときに使える各種健康保険は基本的に出産時には使えません。しかし、つわりが酷い場合や、帝王切開で出産するなど母体の保護が必要なときは保険証を使用し治療を受けることができます。出産は自由診療となるため、分娩方法、施設、そして地域によって費用には違いがあります。一般的に費用は、分娩は自然分娩より帝王切開などの医療介入がある場合、地域は地価の影響から地方より都市部のほうが高額になりやすい傾向にあります。公益社団法人国民健康保険中央会のデータによると、施設別の費用は、助産所、診療所、病院の順に高くなっています。費用面では助産所での自然分娩がもっとも割安ですが、母子に不測の事態が起きる可能性もゼロではありません。施設は費用だけでなく、万が一

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました