入院管理下の拒食症治療は高カロリー食で始めるほうが有効?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
拒食症治療は高カロリー食で開始すべき?
食事摂取量が極端に少ない状態が長く続き、治療が必要となった患者に対し、すぐに高カロリーの食事をさせることは危険を伴う。
体液量や電解質の急激な変化が生じて、心停止などを起こすことがあるからだ。神経性食欲不振症(拒食症)患者に対する治療でも、低カロリーの食事から始めて、少しずつ摂取量を増やしていくという方法がとられる。
しかし、入院管理下であれば高カロリーの食
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました