Google、Facebook、Twitterが新たな検閲法でパキスタンから撤退すると脅迫

2017-08-24_00h03_35 IT総合
​Facebook(フェイスブック)、Google(グーグル)、Twitter(ツイッター)といった世界的なインターネット企業は団結し、南アジアのパキスタンがデジタルコンテンツを検閲する包括的な権限を規制当局に付与したことを受けて、同国を離れると脅している。
​今週初め、パキスタンのImran Khan(イムラン・カーン)首相は、政府に害を与え、政府への脅迫や不満を引き起こす、あるいはその他の方法で同国の統治、安全保障、防衛を害するデジタルコンテンツを削除・遮断する権限を、パキスタンの通信局に与えた。
テック企業は​Asia Internet Coalition(AIC)という団体を通じて、パキスタンのインターネット企業を対象とした新法の適用範囲に「不安を感じている」と語っている。AICはフェイスブック、グーグル、ツイッターに加えて、Apple(アップル)、Amazon(アマゾン)、LinkedIn、SAP、Expedia Group、Yahoo、Airbnb、Grab、Rakuten、Booking.com、Line、Cloudflareを代表している。
もしこのメッセージに聞き覚えがあるのなら、それは初めてではないためだ。テック大手は、今年、2020年2月にカーン首相によって提出された新しい法律に対して懸念を表明している。
今年の初めにパキスタン政府がこの提出した後、同団体は撤

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました