トランプ夫妻コロナ感染 株が急落

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年10月2日、米国のトランプ大統領が自身のツイッターで「自分と妻がコロナ陽性」と投稿し、そのニュースは世界中に拡散されました。「現時点では体調は良好」とのことでしたが、この事実が明らかになってから、NY株式市場は売り注文が膨らみ、その影響は日経株価にもおよびました。なぜ株価急落? (画像=etajoe/stock.adobe.com)大統領夫妻コロナ感染のニュースは株式市場や為替市場にも影響を与えました。アップルやマイクロソフトなどのハイテク銘柄が軒並み売られたために主要株価指数が急落します。NYダウ工業株30種平均は前日より134.09ドル安い2万7,682.81ドルに、ナスダック総合指数も2.2%低下しました。為替市場では、ドルが下がり逃避先通貨の円やポンドが上昇しています。これは大統領夫妻がコロナに感染したことで、ウイルスが再拡大し景気に悪影響をおよぼすのではという不安感が増大したためとみられています。その後、ホワイトハウスがトランプ大統領の執務の続行を発表し、追加経済政策決定への期待もあって値を戻しました。 コロナ感染は選挙活動にも影響かトランプ大統領夫妻がコロナに感染したというニュースは、11月3日に迫った大統領選にも影響が出るでしょう。10月2日に感染を公表し、その後感染拡大を防ぐために活動を制限された状態になるのは必至と考えられていた矢先の10日、トランプ氏

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました