山口二郎教授 菅政権のコロナ対策を見て「戦争に負けた理由がよく分かる」

2017-08-24_00h03_35 IT総合
山口二郎氏
 山口二郎法政大学教授が21日までにツイッターに投稿。菅政権の新型コロナウイルス対策を見ていると、日本が戦争に負けた理由が分かると記した。 山口教授は「菅政権のコロナ対策を見ていると、75年前になぜ戦争に負けたかよくわかる。オリンピック開催が国体護持と本土決戦、ワクチン開発が神風、竹槍戦術に代わってマスクしながらご飯を食べる方法を開発」当時の日本政府の対応と、現在の政権の対応を当ては
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました