経営に欠かせない資金調達とは?ポイントを解説

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
事業を運営していく上で資金調達は欠かせない。また、事業を拡大していく際には、自己資金だけでは難しい局面もあるだろう。資金調達の方法にはさまざまなものがあるが、具体的にはどういったものがあるのだろうか。資金調達とは? (画像=Андрей Яланский/stock.adobe.com)事業を運営していく上で資金調達は欠かすことができない。資金調達が必要になる場面としてよくあるのは、新規事業の立ち上げだ。新規事業を立ち上げし、新しい製品を生産するためには、新規の土地や建物・生産設備あるいは人材などが必要となる。それらを確保するためには多額の資金調達は避けては通れない。また、入金がない期間の支払いのために資金調達が必要となるケースもある。これは、建設業などで多く見られる。建設業では、工事を受注してから入金までの期間が長い。入金がない期間にも工事費や固定費などの支払いが必要となるため、資金の枯渇を防ぐという理由で資金調達を行うことがある。資金調達せず現金を確保することは、ある程度は可能だ。支払いをできるだけ遅らせ、入金を可能な限り早めればよい。支払いを遅らせるためには約束手形が使われる。約束手形により支払いまでの期間を2~3ヵ月後まで遅らせることが可能だ。また、入金を早めるためには、売掛金を通常の支払日より早く支払った取引先に対して、割引を適用するなどの方法がとられることもある。ただ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました