新加熱式たばこ「リル ハイブリッド」レビュー! 一言でいうと「まじスマート!」

ガジェット総合
たばこスティックとリキッドを組み合わせた加熱式たばこ「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」が登場しました。この新型デバイスは、加熱式たばこ界の縮図を変えそうな予感がします。ということで、絶賛リモートワーク中の編集部員・野田がレポート!
 
リル ハイブリッドとは?
リル ハイブリッドは、フィリップ モリス ジャパンが販売する韓国たばこ大手KT&G製の加熱式たばこデバイスです。見た目は「IQOS 3 MULTIキット」に近いデザインで、手に持った感覚はやや重量感があり、価格もIQOS 3 MULTIキットの定価と同等。フル充電で専用たばこスティック20本、一度に3本まで連続使用可能です。
↑「リル ハイブリッド」6980円(税込)。本体サイズはH112×W22×D33mm
 
↑プリズム・ホワイト、マット・ブラック、メタリック・ブロンズ、コバルト・ブルーの4色展開です
 
リル ハイブリッドの特筆すべき点はステータス ディスプレイ。このディスプレイ機能、最近だとJTの低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス・ウィズ」にも搭載されていて「新しいな!」と思いましたが、リル ハイブリッドはさらに一歩先に進んでいます。本体サイズの違いという点もありますが、まずディスプレイサイズが大きい。そして、たばこスティックの加熱完了までの時間や使える回数

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました