よくある失敗例から学ぶ、儲かる太陽光発電投資

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
太陽光発電投資の失敗パターンは「契約金を入金してから業者と連絡がとれない」「思ったより収入が少ない」「台風で部品が壊れ大きな損害になった」など多岐にわたります。ネットで検索をすれば個人の投資ブログなどで事例を確認することも可能です。太陽光発電で失敗する理由は主に3つに分けられますが、適切な対策を行うことでよくある失敗を防ぐことができます。太陽光発電投資は、安定した売電収入が得られることがメリットです。不動産投資のように空室により収入が大きく変動するリスクは低いといえます。しかし投資である以上、デメリットが全くないということはありません。「こんなはずじゃなかった」という事態に陥らないためにも、よくある失敗例から対処法を学びましょう。太陽光発電投資で失敗してしまう理由3つ (画像=escapejaja/stock.adobe.com)太陽光発電投資で失敗する理由は、主に以下の3つに分けられます。業者の選定ミス事業として運営に失敗自然災害や盗難などのリスクへの対策ミス業者の選定を誤ると「詐欺にあう」「業者が倒産してしまう」といった事態に陥る可能性も高くなります。太陽光発電投資では、発電量をどれだけ上げるかが重要になってきます。業者が提示してくる日照時間のシミュレーションや利回り計算が甘かった場合、経営が苦しくなり事業を続けられなくなってしまうこともあるため注意が必要です。また太陽光発電

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました