SBIネオモバイル証券の特徴的な手数料とは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式の手数料は取引をするたびにかかります。頻繁に取引する人の場合、「手数料計算が面倒」と感じる人もいるかもしれません。そのような人におすすめなのが、取引ごとではなく月の約定代金によって手数料が決定するタイプの証券会社です。今回は その中の一つSBIネオモバイル証券にスポットをあて、手数料体系や利用時の注意点、手数料の徴収方法について解説していきます。SBIネオモバイル証券の手数料 (画像=PIXTA)SBIネオモバイル証券の取引手数料はどのようになっているのでしょうか。手数料ではなく「サービス利用料」他の証券会社の場合、約定ごともしくは月額定額で手数料が決められているところが多い傾向です。しかしSBIネオモバイル証券では、手数料ではなく「サービス利用料」として請求されます。サービス利用料は、月間の国内株式約定代金合計額によって決定するのが特徴です。サービス利用料を紹介SBIネオモバイル証券のサービス利用料は、以下の通りです。 月間の国内株式約定代金合計額 サービス利用料(月額)※税込み 0~50万円 220円 300万円 1,100円

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました