上白石萌歌が木村拓哉主演『教場II』に出演「ドラマというよりドキュメンタリーのような感じ」

ガジェット総合
2021年1月3日(日)・4日(月)放送の木村拓哉主演のSPドラマ『教場II』(フジテレビ系)に、前作のラストで199期の生徒として登場した上白石萌歌、三浦貴大、佐久間由衣、嘉島陸が出演することが決定した。
本作は、今年1月に新春SPドラマとして放送されて大きな話題を呼んだ『教場』の第2弾。前作に続き、主人公の警察学校“最恐”の教官・風間公親を演じるのは木村拓哉。脚本は君塚良一、演出は中江功が担当する。
 
上白石は、今年1月に放送された『教場』のラストに199期の生徒・石上史穂として登場。史穂は、199期では休学をしており、200期の生徒として復学するという役どころとなる。
 
一年前に199期の生徒たちの中で起きたある出来事をきっかけに休学した史穂。その出来事に関係しているのが、浦美慶介(三浦貴大)、佐久野みゆ(佐久間由衣)、小嘉竜一(嘉島陸)の3人。史穂は、佐久野に苦手な勉強を教えてあげたり、成績優秀な浦美には試験の問題を出してあげたりと、切磋琢磨していた。そんな199期の生徒たちの間で何が起きたのか?
 
そして、前作に出演した小日向文世、佐藤仁美、和田正人、高橋ひとみの続投も決定。小日向は、本作の舞台となる神奈川県警察学校の学校長・四方田秀雄、佐藤は風間教場の副教官で座学を担当する服部京子、和田は風間教場の副教官で術科を担当する須賀太一、高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました