角川アスキー、『グローバルゲームマーケットレポート2020』を販売中

IT総合
株式会社角川アスキー総合研究所(以下、角川アスキー総合研究所)は、『グローバルゲームマーケットレポート2020』を今月5日に発売していた。同レポートでは、世界ゲーム市場や業界の動向を明らかにする。
ゲームプレイヤー人口や、地域別の内訳が判明
※グラフは、『グローバルゲームマーケットレポート2020』掲載データを、今年10月時点の情報に基づいて更新したもの角川アスキー総合研究所が発売したレポートは、オランダのゲーム市場調査会社Newzooによる調査レポート『Global Games Market Report 2020』の日本語版。価格は75万円(税別)で、レポート本編の発刊以降、四半期ごとにアップデート版が配信される。
今年10月時点の情報によると、世界のゲームプレイヤー人口は合計27億人。前年比で4.9%増の数字となっている。地域別の内訳も明らかにされており、全体の54%をアジア太平洋地域が占める結果となった。
モバイルゲームの市場規模が拡大
※グラフは、『グローバルゲームマーケットレポート2020』掲載データを、今年10月時点の情報に基づいて更新したものそして、今年の世界ゲーム市場の規模は、1,749億ドル(約18兆4,000億円)に達する見通しとのこと。前年比19.6%増となった背景には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的なロックダウンがあるようだ。外出自粛の影響を受け

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました