VC会社a16zが2つのファンドをクローズ、管理資産は計1.7兆円兆に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Andreessen Horowitz(a16z、アンドリーセン・ホロウィッツ)は計45億ドル(約4670億円)になる2つのファンドをクローズした、と米国時間11月20日朝のブログ投稿で明らかにした。同社はコンシューマー、企業、フィンテックにフォーカスしたアーリーステージファンド向けに13億ドル(約1350億円)を調達した。そしてレイターステージ投資のために32億ドル(約3320億円)のグロースステージファンドをクローズした。同社はコメントの求めには応じなかった。
2つのファンドは、同社が近年調達してきた新規ファンドのサイズを考えると典型的なもののように思える。それでもa16zがわずか11年前に設立され、メンロパークとサンフランシスコにオフィスを構えていることを考えると、これらのファンドの額は並外れたものだ。
並外れているといえば、同社が管理する資産は今回のファンドにより165億ドル(約1兆7130億円)になる。
a16zが直近のファンド2つをクローズしたのはわずか20カ月前のことだ。20億ドル(約2080億円)のレイトステージファンド、そして7億4000万ドル(約770億円)のフラッグシップアーリーステージファンドだ。
同社はまたこれとは別に、仮想通貨にフォーカスした5億1500万ドル(約535億円)のファンドを2020年4月に発表した。この手のものとしては2つめのビークルになる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました