一眼レフ撮影をスマホで遠隔操作できるようにする「FLEX」でクリエイティブな1枚を!

IT総合
DSLRやミラーレスカメラでの撮影を追究している人は要チェックのツールがアクセサリーメーカーMiopsから発表された。遠隔からスマホでシャッターなどをコントロールできるようにする「FLEX」だ。
タイムラプスやHDR写真の撮影に対応し、しかも風船が破裂したり水しぶきが上がったりという瞬間をセンサーが感知して自動でシャッターをきる機能も備え、ワンランク上の写真になること間違いなしだ。
光の変化に対応
FLEXはカメラのホットシュー(ストロボなどを取り付けるカメラ上部にある部分)に設置して使う。ざっくり言うと、カメラをスマホで操作できるようにするものだが、リモコン以上の機能を搭載している。
どんな撮影が可能になるかというと、主なものではまずタイムラプス(低速度撮影)。一定の間隔で連続撮影した静止画をつなぎ合わせるものだが、通常のタイムラプスに加え、FLEXは撮影しながら光のコンディションの変化に対応するモードも備える。
撮り逃しなし!
それから、ハイスピード撮影もFLEXが得意とする分野だ。FLEXはセンサーを内蔵していて、そのセンサーが音や動きをキャッチすることでわずかな瞬間を逃さずにシャッターを自動できる。ウェブサイトには水を含んだ風船がはじける瞬間、マカロンが落ちる瞬間などをとらえる様子が紹介されている。
そのほか、長時間露出やHDRなど、玄人向けの撮影にも対応する。一眼レフを扱

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました