キャッシュレス時代にあえての巨大財布。ハンドメイドレザーブランド「ヘルツ」に聞いた、革財布の本質

ガジェット総合
1973年創業で、人気を誇る革製バッグブランド「HERZ(ヘルツ)」。東京(2店舗)、仙台、名古屋、大阪、博多の6店舗で展開し、いずれのお店も店頭に工房が併設。買い物をするそばで、続々とバッグが生産されるユニークなスタイルが特徴です。
 
革製バッグのジャンルは幅広くその型数は500以上にも及びますが、このヘルツで特に気になるのが財布のカテゴリーです。他にはない厚手の革をあえて採用。どれも極めてシンプルで無骨な印象ながらも温もりがあり、使うほどに馴染んでいくモデルがラインナップされています。
 
近年はキャッシュレス化が進んでいるうえ、巣ごもりの影響もあり、生の財布を使う機会は以前より減りつつあるように思います。こういった時代に、ヘルツの財布はどのように進化しているのでしょうか。今回はヘルツ本店の泉 美佳さんを訪ね、ヘルツの財布および、財布の今について話を聞いてきました。
↑ヘルツ本店・泉 美佳さん。以前はアクセサリーの販売員をしていたそうですが、革製品が好きでヘルツに入社。ヘルツ独自の商品展開の楽しさを毎日体感
 
キャッシュレスの影響を受けるどころか、ヘルツならではの巨大財布も!
ーーメインの革製バッグだけでなく、財布も数多くラインナップされているヘルツでは、キャッシュレス化が進む今、どんな影響がありますか?
 
泉 美佳さん(以下、泉)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました