NEC通信システム、3Dセンサでコンテナ内の積載容積率を可視化する技術

2017-08-24_00h03_35 IT総合
NEC通信システムは1月13日、3Dセンサを活用しトラック等の荷物の積載容積率を可視化する技術を開発したことを発表した。2021年度中の製品化を目指す。日通、海外引越の作業に専用タブレットを導入- 音声認識機能などを搭載
同技術は、1台のセンサで対象物の3D深度(距離)情報を取得でき、低コストで積載容積率を可視化できるもの。
センサ位置についてもバース等に固定して設置するほか、倉庫内やトラック
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました