相続が争族にならないために!遺産の整理の基本とは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
執筆者:株式会社ZUU※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。 (画像=imtmphoto/stock.adobe.com)誰かが亡くなると、その資産は相続法に基づいて家族もしくは親族へ継承されます。2019年3月から大きく改定された相続法が順次施行され、相続に関するルールが大きく変わっています。とはいえ、相続にともなう親族内のトラブルを避けるためには、事前の対策が欠かせません。遺言や遺産など相続について基本を理解しておくことで、実際の手続きがよりスムーズに進むはずです。相続とは? (画像=beeboys/stock.adobe.com)相続とは、ある人が死亡した際に、生前所有していた財産を配偶者や親族などの関係者が引き継ぐこと、もしくはそれにともなう手続き全般を指します。相続人に関するルールは民法で細かく規定されており、亡くなって財産を残す人のことを「被相続人」と呼び、財産を引き継ぐ人を「法定相続人」もしくは単に「相続人」と呼びます。遺産を生前整理しておくことが必要生前に、財産の規模や金額に関わりなく、遺産の整理を行っておくことは大変有益です。遺産の生前整理を行っている多くの人が取り組んでいるのは「法的拘束力を持つ遺言書の作成」です。具体的な分配の内訳を明確に記載しておき、事前に遺言執行者を選任しておくことで、死後の相続手続きは円滑に進むこと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました