新しいドライブ様式は300万円台から始められる! 価格帯別イチオシEVガイド

ガジェット総合
排出ガス抑制のための規制強化が進むなか、世界の自動車メーカーはこぞって新たなEVを登場させている。ここではいま日本で購入できるEVを価格帯別に厳選して紹介。さぁ、新たなドライブ様式を始めよう!
※こちらは「GetNavi」 2020年12月号に掲載された記事を再編集したものです。
 
私が紹介します


GetNavi編集部 クルマ担当
上岡 篤
EVに乗ってみて、その静かさと圧倒的な加速に驚くばかり。本気で欲しいと思うが、集合住宅住まいなので充電の方法に悩んでいる。


《300万円台》
最先端の技術や最新の素材の採用により、まだまだ“高嶺の花”と思われがちなEV。しかし新車で300万円台と比較的リーズナブルなモデルもあるのだ。もちろん実用性も問題ない。
 
【No.1】日本を代表するEVは電源としても活用できる
日産
リーフ
332万6400円〜499万8400円
2017年にモデルチェンジして2代目になったリーフ。40kWhと62kWhの2タイプのバッテリー容量が選べるが、いずれも一充電で300km以上の走行が可能。住宅に電気を供給する電源としても活用できるのが特徴だ。
SPEC【e+G】●全長×全幅×全高:4480×1790×1565mm ●車両重量:1680kg ●最高出力:218PS(160kW)/4600〜5800rpm ●最大トルク:3

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました