従来のCPUと比べて80倍高効率な超電導マイクロプロセッサを日本の研究グループが開発

2017-08-24_00h03_35 IT総合
CPUやGPUといったマイクロプロセッサの性能は年々向上していますが、同時に消費電力も増加する傾向にあります。世界中のデータセンターが消費する電力の合計は、2020年には世界の電力の2%に達しており、2030年までに8%を占めるまで増加すると予測されているため、マイクロプロセッサの省電力化は大きな課題となっています。そんな中、日本の研究チームが、従来のCPUの80倍の電力効率で動作する超電導マイク
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました