投資信託の確定申告について基本を解説。申告が必要になるケースとは?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
「投資信託の確定申告はどうすれば良いのだろう?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?投資信託の確定申告は取引口座の種類により、する必要があるもの、必要ないものがあります。また、確定申告の必要がない口座でも、あえて確定申告すれば節税になるケースもあります。この記事では、投資信託の確定申告についての基本を解説していきます。投資信託とは? (画像=weerachai/stock.adobe.com)投資信託とは、投資家から集めた比較的少ない資金を一つの大きな資金としてまとめ、投資の専門家が運用を行うものです。銀行や証券会社、郵便局などの販売会社で販売された投資信託は、信託銀行に保管されます。保管された資金は運用会社の指示のもと、実際に運用されます。投資信託の運用は一般的に、資金を複数の投資商品に対して投資する「分散投資」で行われます。運用がうまく行った場合の利益、およびうまく行かなかった場合の損失は、どちらも投資家のものとなります。投資信託のメリット3つ投資信託のメリットは以下の通りです。運用を専門家に任せるので初心者でも始めやすい投資信託の第一のメリットは、運用を専門家に任せるので初心者でも比較的始めやすいことです。資産運用は一般的に、さまざまな知識が必要で、売買のタイミングを判断するのも簡単ではありません。しかし、投資信託は運用を専門家が行うため、高度な知識や判断がさほど必要な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました