不動産投資で後悔しない賃貸管理会社の選び方

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
不動産投資は、物件管理を管理会社に委託できるため、忙しい人でも取り組みやすい投資方法です。しかし管理会社によっては「予定通り家賃が入ってこない」といったトラブルが発生する可能性もあります。そこで今回は、賃貸経営を成功させるために賃貸管理会社を選ぶポイントについて解説していきます。物件購入後の管理は2種類 (画像=yingyaipumi/stock.adobe.com)区分マンションなどの収益物件の管理には「賃貸管理」と「建物管理」の2種類があります。それぞれの違いは、以下の通りです。賃貸管理とは賃貸管理とは、入居者募集や家賃の回収など所有物件を入居者に貸し出すための管理業務です。不動産投資で物件管理といえば通常は賃貸管理を意味します。賃貸管理の主な業務内容をまとめました。入居者募集契約手続き家賃の回収家賃滞納の督促トラブル対応所有物件で退去が決まると内装工事や鍵交換などと並行して入居者募集を行います。入居希望者が見つかったら信用情報の審査や契約手続きが必要です。また入居中に家賃滞納やトラブルが発生すればそれらに対応しなくてはなりません。このように賃貸管理にはさまざまな業務がありますが、賃貸管理会社に委託すればすべて対応してもらえます。ただし会社によって実績やサービスに差があるため、信頼できる賃貸管理会社を選ぶことが大切です。建物管理とは建物管理とは、建物を健全な状態に保つための管

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました