いつでもどこでもドラムの練習ができるデバイス「Freedrum 2」

IT総合
ドラムの練習をサポートしてくれるデバイス「Freedrum 2」の日本上陸プロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Kibidango」にて掲載中。所定の目標金額を達成すると、日本への正規輸入が決定する。
触覚フィードバック機能を搭載
「Freedrum 2」は、以前Techableでも取り上げた「Freedrum」の後継モデルとして登場。ドラムスティックに装着するセンサー型の先代とは異なり、今作ではスティックそのものにセンサーを内蔵。触覚フィードバック機能により、本物のドラムに近い感覚で練習できるという。
Kibidangoが今回取り扱うのは「プロデューサーキット」と呼ばれるセットで、センサー付きドラムスティック2本に加え、2つのフットセンサーや充電ケースなどが付属する。スティックの長さは40cmで、重さは1本あたり60g。フットセンサーのサイズは80×23×10mmで、重さは1つ20gとなっている。
現在は、練習データの記録などに対応したアプリのサブスクリプションサービス導入も検討中とのこと。ハイテクな仕様で、ドラマーにとって心強い存在になりそうだ。
目標金額達成に向けて視界は良好
プロジェクトは3月4日の23時59分まで実施され、目標金額は370万円。記事執筆時点で、すでに270万円近くの出資を集めている。先代モデルの「Freedrum」は約2,100万円の出資を集めたが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました