住友電工とスタートアップOllo、製造現場の業務効率化にAI活用

2017-08-24_00h03_35 IT総合
住友電気工業(以下、住友電工)は13日、独自エッジAI技術を開発するスタートアップOllo(オロ)と製造現場の生産性向上に向けた研究開発に取り組むことを発表した。東京大学松尾研究室のメンバーが中心となって設立したスタートアップ企業Olloは、画像認識エッジ「OLLO BOX」を展開。15cm×10cm×5cmの小さなボックスは、追加学習や初期設定時間を抑えた自動での作業分析が可能になるデバイスで、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました