バイオ医薬品経口ドラッグデリバリー市場-バイオ医薬品デリバリーシステム(BCS)別; 治療学別;製剤別;流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、専門薬局その他)-グローバル需要分析と機会の見通し2027年

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
Research Nester Private Limitedは調査レポート「バイオ医薬品経口ドラッグデリバリー市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年01月 14日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。バイオ医薬品は、生命体に由来する医薬品であり、生物工学的手段を用いて製造されています。バイオ医薬品は、タンパク質(抗体)と核酸(DNAまたはRNA)です。経口薬物送達経路は、薬物送達の簡単な形態であり、薬物投与の最も選択された経路です。バイオ医薬品の経口ドラッグデリバリーは、予測期間中に重要なCAGRを記録すると予想されます。しかし、バイオ医薬品を経口投与すると、消化管(胃腸管)の酵素や酸性環境によって分解されます。さまざまな製薬会社による研究開発の増加に伴い、経口ドラッグデリバリー技術の採用が増加しています。これは、投与頻度の低下、胃腸への悪影響の減少、患者のコンプライアンスの強化、均一な薬物効果、薬の有効性と安全性の向上など、さまざまな利点を提供します。しかし、バイオ医薬品物質に関連

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました