台湾Winnozが指先の採血でも幅広い検査を可能にする真空アシスト採血装置「Haiim」を開発

2017-08-24_00h03_35 IT総合
Winnoz(ウィノーズ)のHaiim(ハイム)は、指先からの採血をより簡単にするために設計されており、採血量を増やすことで、より多くの種類の検査に使用できるという。台湾の新北市を拠点とする同社の真空アシスト採血装置は、人にもよるが指先から最大150~500マイクロリットルの血液を約2分で採取することができる。Winnozは現在、CESのTaiwan Tech Arena(台湾科技新創基地)パビリ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました