SAP「2027年問題」とは何か? ガートナーが解説するS/4HANAへの移行の検討ポイント

2017-08-24_00h03_35 IT総合
SAP ERP 6.0の標準保守期限が2027年に迫る中、移行すべきか、別の道を探すべきかに頭を悩ませている企業は少なくないだろう。SAP S/4HANAへの移行に伴うコストやリスク、移行することで得られるメリットをどのように捉え、自社の立場と方針を決めていけばよいのだろうか。ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門ビジネス・アプリケーションでバイス プレジデント,アナリストを務める本好宏次氏が解説した。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました