トウガラシの辛味成分「カプサイシン」が太陽電池の性能向上に役立つことが判明

2017-08-24_00h03_35 IT総合
トウガラシの辛味成分である「カプサイシン」が太陽電池の電力変換効率を上昇させることが発見されました。この発見について、2014年に豆腐の原材料である「にがり」が太陽電池の製造に役立つことを発見したジョン・メジャー氏が解説しています。
Direct Observation on p- to n-Type Transformation of Perovskite Surface Region duri
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました