今年から資産運用を始めたい人が知っておくべき投資信託の分配金再投資とは

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
投資信託を始めるときに重要なのが、分配金の扱いです。分配金を受け取るべきか再投資すべきかで、悩んでしまう人も少なくありません。今回は投資信託に興味を持ったばかりの人に向けて、分配金の仕組みと扱い方をわかりやすく解説します。分配金とは何か (画像=robert-kneschke/stock.adobe.com)投資信託とは株式や債券など複数の金融商品をパッケージ化したもので、「ファンド」や「投信」とも呼ばれます。株式投資には、ある程度まとまった資金が必要です。一方投資信託では、多くの投資家から集めた資金を運用するため、一人ひとりは少額からでも投資できます。一度に多くを購入するのではなく、毎月1万円ずつ投資するといったような「積立投資」が一般的で、初心者でも始めやすいのが特徴です。運用はプロが行い、一定期間ごとに運用成果が分配されます。これが「分配金」です。分配金の仕組み分配金は、あらかじめ決められたルールに則って支払われます。ルールは、投資信託ごとに異なります。分配金が支払われるタイミングを決算と呼びますが、毎月決算、半年決算、1年決算などさまざまです。支払い金額は毎回定額のものや、決算時の利益に応じて変動するものなどがあります。中には、解約や売却の際にまとめて分配金を支払うタイプの投資信託もあります。分配金を受け取るほど元本は減るの?分配金には「普通分配金」と「特別分配金」があり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました