欧州医薬品庁が不正に操作された新型コロナワクチンデータのリークを警告

2017-08-24_00h03_35 IT総合
欧州医薬品庁(EMA)は、2020年12月にサイバー攻撃で盗まれ、1月11日の週にオンライン上にリークされた新型コロナウイルス(COVID-19)関連薬剤とワクチンの情報について、リークされる前に「ワクチンの信頼を損なうかもしれない」ように手が加えられた内容が含まれていると警告した。
薬剤の構造の図式と新型コロナワクチンの評価過程に関する内容を含む情報にどのくらい手が加えられたのかははっきりとしていない。
TechCrunchはEMAに問い合わせている。
Twitter(ツイッター)を介してリークについて懸念を表したセキュリティ研究者のLukasz Olejnik(ルーカス・オレイニク)氏は、リークされた内容にあるバイオテクノロジー関連の言葉は広く知られていないため、手が加えられたデータは「不信をまくのにうってつけだ」との考えを示した。
Now I understand why this data is perfect for sowing distrust. (disinformation). The documents are extremely hermetic, using niche biotech-technical language. No layperson is able to understand this. Perfect for conspiracy th

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました