次世代シェアサイクル「LUUP」、街のインフラとなるために……

IT総合
小型・電動・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開している、株式会社Luup。同社は、「LUUP」ユーザーはもちろん、その街に関係するさまざまな人に「安心」と「利便性」を提供し、理解を得て街のインフラとなることを目指している。
今回は、これまでの同社の取り組みにフォーカスしていこう。
順調にポート拡大中
「LUUP」は、小型電動アシスト自転車のシェアリングサービスとして、都内の主要6エリア(渋谷区・目黒区・港区・世田谷区・品川区・新宿区)にて2020年5月にサービスを開始。
利用フローとしては、ユーザーが街なかのポートで自転車を選び、QRコードをカメラで読み取る。返却する予定のポートをアプリ内マップから予約してライドスタート。予約したポートに着いたら自転車の鍵をかけ、枠線内に駐車して写真を撮影・送信するとクレジット決済が行われるというものだ。
使用する自転車の小型化に成功し、自販機1台分のスペースがあればポートを設置できるということもあり、サービス開始から半年でポート数は200箇所以上となった。ちなみに、8月にはローソンに、10月にはファミリーマートと大東建託グループの管理建物に、11月には東急ストアにポートを導入している。
エリア内に高密度に設置されたポートは、レンタル時と返却時のユーザーの利便性を向上させるだろう。
直近のアップデートでは

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました