渋谷PARCOにて、自律移動型警備ロボット巡回中!

IT総合
さまざまなテクノロジーを活用し、次世代の体験を提供する渋谷PARCOに、自律移動型警備ロボットが登場。2021年2月1日~2月28日の期間、渋谷PARCOの5Fにて警備業務にあたっている。
多機能なセキュリティロボット
今回導入された警備ロボットはSEQUENCE社の「SQ-2 SECURITY ROBOT」。同館の混雑時は所定の場所にて立ったまま監視を行い、そのほかの時間帯にはフロア内を巡回するという。
ロボット全高1,300mmの存在感のある本体には、周囲の状況を高解像度で捉えるカメラや、3方向につけられた魚眼レンズで常時360度を撮影するカメラ、自己位置推定と3Dマップ作成を行う3D LiDAR、警備員室とつながるマイク・スピーカーなどを搭載。バッテリー残量に応じて自動で充電ステーションに帰還し充電・再始動するのもポイントだ。
同ロボット導入は、高度な警備業務の実現とともに、高効率化・省人化にも期待されているようだ。
店舗や展示にもテクノロジーを活用
渋谷PARCOはこれまでもさまざまなテクノロジーを活用してきた。
例えば、店頭販売にくわえ大型ディスプレイ・タブレットと来店客のスマートフォンをつなげて選択肢を広げるオムニチャネル型の売場「PARCO CUBE」がそのひとつ。ここでは、実際に試したうえで購入したいアイテムをPARCO ONLINE STOREで購入して手ぶらで帰

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました